willは、とても力強い単語

この記事は5分で読めます

will は「~でしょう」なんていう弱々しい意味ではない

willの意味って「~でしょう」「~するつもりだ」って習いますよね?

僕も中学生の時、そう教わりました。

でもね、「変だな~」って思ったことがあったんですよ。

僕はターミネーターが大好きなんですけど、あの映画の名セリフで
「I’ll be back.」ってのがあります。(※I’ll=I will)

あれって「絶対に、また戻ってくるぜ!」って感じの力強いセリフですよね?

でもwillを「~でしょう」って
学校で習ったとおりに訳すと

「また戻ってくるつもり」と、
なんだか弱々しいセリフになっちゃいます。

他にも、
結婚式の「誓います」っていう言葉も
英語では「I will (誓います) 」って言います。

これもwillを「~でしょう」って訳したら
「誓うでしょう」になっちゃいます。

そんな弱々しい”誓い”じゃ心配です。

ネイティブは will の4つの用法なんて気にしてない!

他にも、よくあるイマイチな will の教え方があります。
従来の日本の英語教育では、
「will には4つの用法がある」なんていう訳の分からない説明をされるのが一般的です。

従来の will の4つの用法(※覚えなくていいです)
1.『意志』 「~するつもり」
2.『推量』 「~するでしょう」
3.『習慣・習性』 「~する習慣・習性がある」
4.(否定文で)『拒絶』 「絶対に~しない」

僕は、これを学校で習った時、
「will って難しい~」と英語を諦めていました。

(まぁ、学校の教科書の内容なので、
和訳の観点から考えると、100%間違えているわけではないのですが、、)

こんなややこしい事を考えていたら、
いつまで経っても英語を使いこなす事が出来ません!

ネイティブスピーカーは、
will を「~でしょう」なんていう意味では捉えていません!
もちろん「willの4つの用法がある」なんてことも一切考えていません!

彼らの頭の中にあるのは、
たった1つの will のシンプルな感覚だけです!

今日は、ネイティブ達が、will に対してどのような感覚を感じているか見ていきましょう!

これを読めば、あなたも、
ネイティブのように、will を英語を英語のままでシンプルに理解出来るようになります!

ネイティブが感じている will の感覚

では、本題の「ネイティブが感じている will の感覚」について見ていきましょう!

彼らにとってwillは、
「よし!絶対~するぞ!!」
っていう、
100%の強い意志を表す言葉です。


「よし!今晩は勉強するぞ!」とか

暗い雲を見て、
「これは絶対に雨が降るぞ!」

という話し手の中の確固たる自信や意志を表します。

それがwillなんです。

大事なポイントは、
「実際に勉強するかどうか、雨が降るかどうか」は関係ありません。

その瞬間、
話し手が「〜するぞ!〜になるぞ!」って強い気持ちで思っている時に
ネイティブはwillって言いうんです。

どういう事かと言うと、
例えば、
お昼頃に「よし!今晩は絶対に勉強するぞ!」って思った時は、
「I will study tonight! 」です。

ここでのポイントは、
「実際に勉強するかどうか」は関係ありません。

夜になって、
ちゃんと宣言通り勉強をするかもしれないし、
面白いTV番組を観ちゃうかもしれないけど、
それは気にしないという事です。

あくまでも、
その瞬間、
話し手が「〜するぞ!〜になるぞ!」って主観的な強い気持ちで思っている時に
ネイティブはwillって言いうんです。

天気の場合も同じです。
実際に雨が降るかどうかは、関係なく、
暗い雲を見て、「絶対に雨が降るな!」と話し手が100%の自信で思っているから、
「It will rain!」になります。

ここまでOKでしょうか?

 

ターミネーターの I’ll be back の意味

最初のターミネーターの文に話を戻します。

willの意味は「100%、絶対に〜する!」だと思って
ターミネーターの文を見ると納得出来ませんか?

I’ll be back.
絶対戻ってくるぜ

 
結婚式の誓いの言葉もしっくりきますよね?

I will.
誓います!(絶対に愛し続けます!)

このように、will はネイティブにとって
「絶対~するぞ!」という力強い意志を表す言葉なんです。

では、今からネイティブ視点で、
さらに詳しく will の使い方を見ていきましょう!

ネイティブは will の4つの用法をどのように理解しているのか?

よくある日本の英語教育では、
以下のように「 will には4つの用法がある」と教えるのですが、
↓これ全部、ネイティブ達は「たった1つの will の感覚」で捉えています。

一般的なwillの4つの用法
1.『意志』 「~するつもり」
2.『推量』 「~するでしょう」
3.『習慣・習性』 「~する習慣・習性がある」
4.(否定文で)『拒絶』 「絶対に~しない」

 
「will に4つの用法がある」なんて思っているのは、日本の英語教師くらいで、
ネイティブスピーカーは、用法なんて全く気にしていません。

彼らにとって、 will の意味はただ1つ!
「絶対に~する!」という感覚だけです! 

 4つの用法にこの感覚を当てはめてみましょう!

1.『意志』 「~するつもり」
I will study English tonight.
今夜、絶対英語を勉強する

よし!今晩は勉強するぞ!」って強い気持ちで思っているから、
will study です。
OKですよね?

もちろん先ほども言いましたが、
「夜に、ちゃんと勉強するかどうか」は関係ありません。

もしかしたらテレビを観ちゃって全く勉強しないかもしれない。

でも、今この瞬間に、「今晩は、絶対に勉強するぞ!」って思っているから
will study ってネイティブは言うんです。

 

2.『推量』 「~するでしょう」
It will rain soon.
もうすぐ絶対に雨が降る

これも同じように、will の「絶対に~になる!」という気持ちがこもっています!

イメージしてみてください。
だんだんと空が、暗~い雲に覆われて、
ゴロゴロと雷の音が鳴り始めてきました。

そんな暗い空を見て、
「これは絶対に雨が降るだろうな!」という、

話し手の強い気持ちが will rain に込められています。
It will rain soon.

もちろん、これも実際に雨が降るかどうかは関係ありません。
話し手が主観的に「絶対に雨が降る」と思っているから will を使っているのです。

OKでしょうか?

3.『習慣・習性』 「~する習慣・習性がある」
Gasoline will float on water.
ガソリンは絶対、水に浮く

Q:「ガソリンと水を混ぜるとどうなるでしょう?」と聞かれると、
ちょっと科学を勉強した人なら、
A:「ガソリンが水に浮く」という絶対的な科学の真理を知っていると思います。

なので、科学の観点から、
絶対に浮く」と言い切れるので、will float なんですね。

 

4、(否定文で)『拒絶』 「絶対に~しない」
Mary won’t meet Rick.
メアリーは絶対にリックに会おうとしない

これもwillを「100%、絶対〜する」って考えるとしっくりくると思います。

否定文なので「100%、絶対〜しない」になります。

メアリーはリックと何があったのでしょうか。
絶対に会おうとしないんですね。

だから won’t meet なんです。

 

will は未来形ではない!

ここまで読んで、
「will は必ずしも未来を表しているのではない」と気づいた人は素晴らしいです!

そうなんです、
実は、will は、意味の性質上「絶対~する!」と未来への意思を表したり、
「絶対~になる!」と、未来の予測をするのに使うことが多いだけで、
別に、必ずしも未来のことに使うとは限らないんです!

例えばこの文、will の感覚を意識して読んでみて下さい!
He will be in Melbourne by now.

どうですか?
正解は、
「彼は今頃、絶対にメルボルンにいるだろうな」
つまり、「今頃、絶対にメルボルンについているだろうな」というニュアンスで使えます。

このように、 will の感覚にさえ当てはまっていれば、
未来じゃなく、今のことにも使えるんです!

まとめ

いかがだったでしょうか?

willの意味は、ただ一つ
「100%、絶対に~する、~になる!」という感覚だけです!

4つ用法「意志、推量、習慣、拒絶」とか、
ネイティブ達はそんなこと全く考えていません!

学校で習う英語は、間違いではありませんが、
そんなややこしい捉え方をしていたら、
英語を英語のままで自由に使いこなすのが困難になります。

それよりももっと大切なことは
willという言葉の感覚を感じること。

「よし!〜しよう!」
「絶対にこうなる!」っていう

グッ!とした話し手の中にある確固たる意志や自信が
willのただ一つの意味です。

これがネイティブスピーカーが感じているwillの感覚です。

これからwillは単に「未来を表す」とか「〜でしょう」って思うんじゃなくて、
willの感覚を感じでみて下さいね。

最後までご覧下さり、ありがとうございました!

P.S.もっと多くの人に暗記ではない、本物の英語を知って欲しい…」
そんな思いで
『ネイティブの感覚を身に付ける』
全30日間の完全無料のオンラインコース始めました!!(2018年8月28日追記)

「ネイティブ感覚を徹底的に高めたい!」

「英語を英語のままで理解したい!」
「英語を感覚的に使いこなしたい!」
「”ネイティブの感覚”という全く新しい視点から英語を学んでみたい!」

そんな方に、もってこいの無料オンライン講座です!

1日たった5分間、
好きな時間に読むだけで、
30日後には、ネイティブのような英語感覚が身に付きます。

ご登録された日から、
毎日コンテンツを配信していきます!

有難いことに、
2018年8月28日現在で、3113名の方にご参加いただき、
大変盛り上がっています
!!

完全無料で受講頂けます。

少しでも興味のある方は、是非お気軽にご参加ください!

ご参加はこちらから
いつでも簡単に配信停止(退会)できます。

 

この記事を読んでいる方は、以下の記事も読んでいます
willとbe going toの違い
Good morningの本当の意味
前置詞の感覚をさらに深くマスターする
もう迷わない!!  toとfor 究極の使い分け感覚
onを『~の上に』と習った悲劇のストーリー

 

 

P.S.「もっと多くの人に暗記ではない、本物の英語を知って欲しい…」
そんな思いで『ネイティブの感覚を身に付ける』

全30日間の無料のオンライン講座を始めました!!

「ネイティブの本物の英語の感覚を身に着けたい!」
「英語を英語のままで理解したい!」
「日本語のように英語を感覚的に使いこなしたい!」
「”ネイティブの感覚”という新しい視点から英語を学んでみたい!」
「受験の時に学んだ英語を、使える英語にしたい!」
「暗記じゃない方法で英語を学びたい!」

そんな方に、もってこいの無料オンライン講座です!
30日間、ほぼ毎日メール講座が届きます。
1日たった5分間、
好きな時間にメールを読むだけで、
30日後には、ネイティブのような英語感覚が身に付きます。

受講した方々から、
「英語の捉え方が180度変わり、以前よりも遥かに英語が身近に感じるようになりました!」
「スピーキングやリーディングが飛躍的にやり易くなりました!」
「ネイティブの英語感覚を知って、何度も目から鱗が落ちました!」
等など、沢山の嬉しいコメントを頂いております。

有難いことに、
2019年8月現在で、約4000名の方にご参加いただき、
大変盛り上がっています
!!(システムの都合上、一定の人数に達すると締め切ります)

少しでも多くの方に学んで頂きたいので、
無料でご提供しています。

興味のある方は、是非お気軽にご参加ください!

ご参加は以下のフォームからできます!

お名前
メールアドレス

いつでも簡単に配信停止(退会)できます。お名前はハンドルネームでもOKです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

    • mia
    • 2015年 7月3日

    I will love you every step of the wayを日本語訳すると、どんな意味になりますか?

    • tomako
    • 2015年 9月2日

    初めまして。高校二年生の女子です。

    私は洋楽を聴くのが好きで、最近ビートルズの曲を聴き始めました。その同バンドの「I will」という曲が好きでしたが、「そういえばこのタイトルの意味ってなんだろう?willの後ろに何も付いてないからよく分からないな」と思い、何気なく和訳を調べようとしたら、偶然ここのサイトに辿り着き、この記事を読ませていただきました。

    とてもわかりやすく、かつてない考え方で英語を学べられ、新しい考え方が身に付いたように思えます。TZ先生には本当に感謝しています!

    あと記事のリクエストなのですが、助動詞の解説も是非お願いします!私は助動詞がとても苦手です…。一つ一つに意味が多いですし、違う単語で似たような意味だったりして「何が違うの?!」となって凄く混乱してしまいます…。

    お忙しいと思いますが、TZ先生の解説が聞きたいです!
    どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

    • tomakoさん

      コメントありがとうございます!

      このようなメッセージを頂けると、
      次の記事を書く活力になります。

      さて、助動詞についてですが、

      tomakoさんがおっしゃるように、

      >一つ一つに意味が多いですし、違う単語で似たような意味だったりして「何が違うの?!」となって凄く混乱してしまいます…。

      助動詞を日本語に無理やり訳そうとすると、
      凄く混乱すると思います。

      その気持ち、すごく分かります。

      助動詞を簡単に説明すると、

      助動詞って『気持ちをのせる言葉』なんです。

      例えば、
      mustは『絶対に』って気持ち
      それを少し弱くしたのが、should
      それがさらに弱くなったのがmay『50:50』って気持ち
      そして、よりさらに弱くなったのがmightです。

      詳しくは、また記事を書きますね!

        • みぃ
        • 2016年 2月18日

        You are the sweetest beautiful woman ever my heart grows warm when I am with you
        意味を教えてください!

    • Haru
    • 2018年 3月21日

    今までwillを少し違った意味で捉えていたので、非常に勉強になりました!

    willは強い意志を持つとのことですが、推量でよく分からないことがあります。
    “It will rain tomorrow.”は「明日は雨が降るでしょう」になると思いますが、「〜でしょう」は「絶対ではないけど、多分これが一番可能性が高いと思う」ということですよね。これは「絶対こうなる!」には一致しません。

    そこらへんが分からなかったので質問させていただきました。

    • ご質問ありがとうございます!
      “It will rain tomorrow.”に関して、
      説明を追記しましたので、よかったらご覧ください。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

無料オンライン講座始めました!!

本気でネイティブの感覚を身に付けたい方へ!!

今なら無料でオンライン講座を 受講できます!


1日たった5分間!
集中して読むだけで、

約30日後に、
ネイティブの英語感覚が身に付きます

詳細は こちら から

管理人:TZ(てぃじー)

プロフィール
職業:英語講師
・性別:男
・好きなもの:F1, 音楽
まずはこちらを読んでみて下さい TZ(てぃじー)物語