of の感覚は『取り出す!』

この記事は3分で読めます

ofイメージ

of の意味は「~の」じゃありません!

of は、
『取り出す!』
という感覚の言葉です。

確かに以下のように、「~の」と和訳される事が多いかと思います。
The capital of Japan (日本首都)

しかし!
「~の」以外で訳される時って結構ありますよね。

例えば、
He is the tallest of the three.  ( 彼は3人の中で一番背が高い。)
と、ここ場合だと「~の中で」と訳されたり、

He is a man of courage. ( 彼は勇敢人だ)
この場合なんかだと「~な」です。

また、
「~でできている(原料)」の時は of
「~でできている(材料)」の時は from
なんて説明も聞いたことがあるかもしれません。
(例)
The desk is made of wood. (この机は木でできている(原料))
The cheese is made from milk. (チーズは牛乳から作れる(材料))

こうなってくると、もはや暗記地獄に突入して英語嫌いになってしまいそうです(笑)

さて、こんな of をネイティブ達はどのような感覚で捉えているかというと、
全てこの『取り出す』という感覚で捉えています。
                                 ↓↓↓
ofイメージ

『〇 of ■』だったら、
『■から〇を取り出す』イメージです。

では、
このイメージを先ほどの具体例に当てはめていきましょう。
The capital of Japan (日本首都)
「取り出す感覚」が見えますか?

この場合、
『 The capital of Japan 』なので
 Japan から the capital ( 首都 ) を取り出します。
                         ↓↓↓

ofイメージ2
だからこれで、
The capital of Japan (日本首都)

なんですね。伝わってますでしょうか? 

さぁ、次はコレです!
He is the tallest of the three.  ( 彼は3人の中で一番背が高い。)

『 the tallest of the three 』なので、
 the three (3人) から the tallest (一番背が高い人) を取り出します。
                         ↓↓↓

ofイメージ3
なので、
the tallest of the three (3人の中で一番背が高い )
なのです。

どうでしょうか?
取り出す感覚に慣れてきましたか?

ではでは、これにチャレンジしてみて下さい。
He is a man of courage. ( 彼は勇敢人だ)

『取り出す感覚』が見えますか?

courage(勇気)から a man (1人の男)を取り出してみてください。

するとどうでしょう?
勇気の塊から取り出された人って、どんな性格でしょうか?
もちろん、「勇気ある人」ですよね?

だからこんな意味になるんです。
He is a man of courage. ( 彼は勇敢人だ)

伝わりました?

実は、一般的な参考書などでは、
「人の性格の時は of を使う」みたいな少し乱暴な説明が書かれていることがあるんですが、
この「取り出す」っていうイメージを持って見てもらえれば、オッケーかと思います。

さぁ、そして最後にコレもいきましょう!
The desk is made of wood. (この机は木でできている(原料))
The cheese is made from milk. (チーズは牛乳から作れる(材料))

『(原料)の時は of 
『(材料)の時は from 』
という暗記地獄にハマってしまいそうなやつでしたよね。

どうでしょう?

of の『取り出す』って感覚がここにもあるのですが、
もう気づけましたか?

そうです!
正解は、
机って明らかに『木から作られたモノ』ですよね?

ってことは言い換えれば、『木から取り出されたモノ』です。
だから of なんです!
The desk is made of wood. (この机は木でできている(原料))
(※受身の文なので made と the desk の位置が入れ替わっています)

ちなみに、チーズは牛乳から『取り出された』っていうイメージはしっくりこないですよね?
The cheese is made from milk. (チーズは牛乳から作れる(材料))
なのでこの場合は、『左向きの矢印←にイメージ』の from なのです。

なので「原料」をいう時は、
「取り出すイメージ」である of を使うのが、
ネイティブにとったらしっくりくるんですね。

ということで今日は of の『取り出す』という感覚についてでしたが、
いかがだったでしょうか?

さらに詳しく前置詞の感覚を知りたい方には、
こちらがおすすめです。
  ↓↓↓
前置詞の感覚をさらに深くマスターする

 

ではでは、今日も最後まで読んで下さり、

ありがとうございました! 

 

この記事を読んでいる方は、以下の記事も読んでいます
前置詞の感覚をさらに深くマスターするatは点!
もう迷わない!!  toとfor 究極の使い分け感覚
onを『~の上に』と習った悲劇のストーリー

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. on
  2. 前置詞マスター
  3. 図1 to と for
  4. at図1

    2015 04.02

    atは点!

    • Teto (tweeter )
    • 2015年 4月6日

    いつも解りやすいので、とても勉強になります。
    ありがとうございます。

    早速質問ですが、
    おなじ『送る』という意味で
    For you
    To you
    とありますが、これは親密度の違いの表現なのでしょうか?

    また、全体的に前置詞に何を使うのが正しいのか 迷うことが多いです。

    よろしくお願いいたします。

      • Teto (tweeter )
      • 2015年 4月7日

      追記失礼します。

      プレゼントなどの時に使う For you
      これは、プレゼントする相手に『気に入ってもらえたらいいな』とか『果たしてもらってもらえるだろうか?』という感情が隠れている。
      ということなのでしょうか?

      逆に言えば 絶対に気に入ってもらえるはずだ。
      という自信があれば、
      Present to you .
      と言ってもいいのですか?
      ちょっと違和感は感じますが。

      • 「あなたへのプレゼント」という意味の時では
        Present to you は言わないですね。

        この場合、「話し手の気持ち」ではなく
        「a present」と「you」との物理的な関係性を考えた時に、
        toよりもforのイメージの方がしっくりくるということです。

        ちなみにpresentはgiveと同じような「贈呈する」という動詞の意味でも使えるのですが、
        その場合はpresent to youとなることがあります。
        理由はgiveの後がtoなのと同じです。

          • Teto (tweeter )
          • 2015年 4月7日

          ありがとうございました!
          物と人との関係性でforを使う ということなのですね。
          親密度合いは関係ない。

          良く解りました。
          ありがとうございます。

    • コメントありがとうございます。
      ご質問頂いたtoとforの違いですが、
      こちら(http://native-eigo.com/22)で解説しているので、
      よかったらご覧下さい。

        • Teto (tweeter )
        • 2015年 4月7日

        Happy birthday to you
        の時のto は相手がはっきりしているから。
        というわけですね?

        んー。感覚で英語を捉えると、楽しくなりますねp(*^-^*)q

        また質問させてください。
        ありがとうございます。

    • aya
    • 2015年 5月31日

    英語の熟語の和訳を検索中に、こちらのブログを見つけ、今まで英語に思ってた疑問が次々解決され思わず全ての記事に目を通させていただきました!^o^ 英語には感覚やコツが必要なのとだろうと思ってはいたんですが、自分の力では習得できず、いつもやっぱり熟語を記憶するしかないのかと諦めていました。
    中学校や高校の先生があなたのような方だったらもっと楽しく学べたのになと感じました!これからも更新楽しみにしています♪

    • yuka
    • 2015年 6月16日

    英語のサイトを探していてたまたま訪問しました。
    面白くて過去の記事も止まらず読んでしまい、学生の頃にそういう先生に出会いたかったなぁと思いました。
    全く全然話せないのですが、最近英会話を始めたので、
    記事を読んでトライ&エラーをする勇気が出ました!
    これからも更新楽しみにしています。

    • ミナ
    • 2015年 6月21日

    めっちゃわかりやすいです!☆
    ありがとうございます!
    他も色々拝見させていただきます☆

    • ミナ
    • 2015年 6月21日

    めっちゃわかりやすいです!☆

    • たか
    • 2015年 7月2日

    ofの使い方にいつも迷っていました。とてもわかりやすいです。ありがとうございます。しかし、まだofについて疑問に感じた文があるのですが、It is of no value.という文がありました。それは価値がない。のofはなぜ必要になるのでしょうか?

      • Todd
      • 2015年 9月19日

      E-Gate English-Japanese Dictionaryにこんな説明がありました。
      ・・・に属すものだ
      The matter is of utmost importance. この案件はこの上なく重要なものだ。
      これは the matter of utmost importance の the matter を主語ににした用法と説明されていました。
      the stuff of no value を文章にすると The stuff is of no value.になります。ここにも「取り出す」、(価値のないもの)から作られたといいうイメージが含まれているような気がします。

    • Todd
    • 2015年 9月17日

    “of”は「取り出す」というイメージはとても分かりやすいですね。ありがとうございました。
    ところで、オックフォード英英辞典に次ぎのような解説が載っていました。「取り出す」というイメージで解説していただけるとありがたいです。
    the paintings of Monetという例文の後です。
    When you are talking about everything someone has painted, written, etc., use of. When you are referring to one or more examples of somebody’s work, use by:a painting by Monet

    • Hiroshi Amino
    • 2015年 11月3日

    初めて拝見させていただきました。8年間Nativeの英会話学校行っていますが、今回この前置詞の使い方を読ませていただき、頭の中にあったモヤモヤが、なくなりお蔭様でスッキリしました、ありがとうございます。今迄3000時間以上英語の勉強に費やしていたのが、とてもくやしいですが、それだけ積み上げてきて、たくさんの疑問点を抱いていたので、今日の晴れ晴れとしたスッキリ感が味わえるのだと、自分を言い聞かせております(笑) 

    • 匿名
    • 2015年 11月14日

    robに使うofの意味がやっとわかりました!
    offのfが省略されたというのは知っていたのですが、
    上の図のおかげてすっきりしました!ありがとうございました!

    • miiiii
    • 2016年 1月11日

    ofについて調べていたら、こちらにたどり着きました。とても分かりやすいです‼︎
    質問させていただきます。
    『この写真はハワイへ旅行に行った時の写真です。』と言いたいとき翻訳すると”This is the photo of when I went to travel to Hawai.”となったのですが、この場合ofはなぜ必要なのでしょうか?

    • yuki
    • 2016年 1月27日

    まだコメント大丈夫でしょうか汗

    consider of

    certain of

    のofはなにから取り出してるんでしょうか?

    • ryuu
    • 2016年 1月29日

    英語苦手な自分にとってこれらの記事は
    非常にためになります。ありがとうございます。
    英語が前よりも好きになりました。

    ofは[~の]としか思ってきませんでしたが
    取り出すという感覚には驚きました!
    なんか腑に落ちた感じがします。

    ですが、学校の授業でやっていた文で

    Children are still dying of preventable
    diseases,malnutrition,and simple dehydration.

    という文があるのですが、これのofはどう考えたら
    いいのでしょうか?
    ご回答頂ければ幸いです!

    • ryuuさん、こんにちは!

      Children are still dying of preventable
      diseases,malnutrition,and simple dehydration.

      この
      dying of・・・
      の部分ですが、

      この子ども達のdying(死亡)の原因は、
      ofの後に続く
      preventable diseases,malnutrition,and simple dehydration
      (予防可能な病気や栄養失調や単純な脱水症状)

      が原因ですよね?

      つまり、言い換えると

      このduing(死亡)は
      preventable diseases,malnutrition,and simple dehydration
      (予防可能な病気や栄養失調や単純な脱水症状)

      から生まれた(取り出された)結果ということです。

      そのような感覚でdying of preventable~の部分は話されているのでofを置いています。

      伝わったでしょうか?

    • 匿名
    • 2016年 3月26日

    神ブログだと思います

    • 匿名
    • 2016年 8月12日

    天才、天才!
    わかりやすい!
    おもしろい!
    ありがとうございます♪

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

無料オンライン講座始めました!!

今なら無料で受講できます!!


1日たった5分間!
集中して読むだけで、

30日後に、
ネイティブの英語感覚が身に付きます

ご参加は こちら から

管理人:TZ(てぃじー)

プロフィール
職業:英語講師
・性別:男
・好きなもの:F1, 音楽
まずはこちらを読んでみて下さい TZ(てぃじー)物語