【構文は暗記しちゃダメ!?】ネイティブ流、新しい構文の考え方

この記事は3分で読めます

tdrhtfypng

 

あなたはこの文をどんな感覚で読みますか?

It was so heavy that I couldn’t lift it.

 

おそらく、

一般的な教え方は、

① so … that~ :非常に…なので~

② ①を例文に当てはめて、

「それは非常に重かったので、私は持ち上げれなかった。」と訳す

という方法です。

 

しかし、
この方法には、問題点があります。

あらかじめ「so…that の文だ!」と気づければ簡単ですが、

読み手が so のトコを読んでいる時点では、

まだ so… that ~ の文であることには気付かず、

that まで目を通して、

初めて「so … that 文だ」と気づくことになります。

つまり、
読み返さないと理解できないとこになります。

 

これでは素早く読むことは出来ないし、
文章なら読み返せますが、リスニングは戻れません。

ではネイティブは、このような so … that を
どのように理解しているか見ていきたいと思います。

まず、始めにポイントはsoです。

soってどんな意味でしょうか?

 
おそらく、very のような「とても、非常に」という強調の意味が
最初に思いつくかな~と思います。

では、so と very の違いは何でしょうか?

結論から言いましょう!

ネイティブは、
soって言われたら続きが気になるんです!

 
「え!?どういうこと?」って感じだと思うのですが、
ちょっとこれを聞いて下さい。

 
こないだですね、
「soを『それほど』って訳しなさい」
って教えてる予備校講師の方がいたんですよ。

これを見て僕は「すごく上手い教え方だな~」って思ったんです。

「それほど」っていう和訳が
ネイティブが感じているsoの感覚に非常に近いんです。
 

日本語で
とても重かった( very heavy)」
って言われるよりも、

それほど重かった ( so heavy)」

って言われる方が、

「どれほど重かったの?」って聞きたくなりますよね?

so ってまさしくそんな感じの言葉なんです。

 

very よりも so の方が感情が入っているんです。

very heavy. (ただ)「とても重い」

so heavy  (もの)「すご~く重い!」

って感じです。

 

だから「どれくらい重たいの?」ってつい聞きたくなっちゃうんです。

ではなぜ後ろにthatが付くかもう分かりましたか?

そうです!
いつも言っていたように英語は補う言語ですよね?(参考:英語で一番大切な感覚

that は「今から文を補いますよ!」って合図でつかえるので、

It was so heavy
(それほど重かったんだよ)

どれほど重たかったかと言うと、

that I couldn’t lift it
(持ち上げれないくらいね)

っていうふうに thatは補っているだけなんです

つまり「so … that~ :非常に…なので~」っていう構文なんて
本当は無いんですよ。

正しくは、
「so って言ったら自然と that で補いたくなった」だけなんです!

ネイティブにとって、
そこには、ただ so と、that の、
それぞれのシンプルな感覚があるだけなんです。

 
1つ練習しましょう!

so の感覚を意識して読んでみてください!
( 感覚がまだピンとこなかったら so を「それほど」と訳してみましょう )

She was so scared that she couldn’t speak.
(※be scared 怖がる)

読めましたか?

では正解は、

She was so scared
彼女は それほど 恐がっていた、

どれほど恐がってたかと言うと ( that 以下 )、、

that she couldn’t speak.
話せなくなるくらい

という感じです。

いけましたか?

では次に、
so …that~以外の構文も少し見てみましょう。

この文を読んでみて下さい。
It is difficult to finish the work in a day.

It … to ~構文と呼ばれるやつです。

一般的には、
「It が形式主語だから、to~以下を指示していて、、、、」
みたいな、ややこしい説明をよくられるのですが、

これも、もっとシンプルにネイティブは捉えています。

ポイントは、前にお話した、
『不定詞は”補う感覚” を用いている』ということです。(参考:不定詞の感覚

以下のような感覚です。

It is difficult それは難しい

(何がそんなに難しいかというと) ← 今から to ~ で補います

to finish the work in a day
一日でその仕事を終えるのはね。

という感じです。

伝わっていますでしょうか?

最後にもう一つ、
ちょっと復習しましょう!

以前お話した、
 too ~ to …の構文の話、覚えていますか?

ちょっとこれ読んでみて下さい。
He is too young to work.

これも It … to ~ と同様に

「too~ ~すぎる」って言ってから、
to 不定詞で情報を補っているだけでしたよね?

He is too young (彼は若すぎるよ)
↑これだけだったら「何に対して若すぎるか分からない」ので、

↓ to 不定詞を使って情報を補います。
to work. (働くには)

「不定詞は情報を補う」忘れている方は こちら をご覧くださいね。

さぁ、so…that ~や It … to ~、too ~ to … など
いくつかの構文を紹介しましたが、

どれもネイティブにとって構文とは、
『自然とよく使う形』なのです。

なので、ある程度はパターンとして覚えておくといいのですが、
その際、丸暗記するんじゃなくて、
今日のように『感覚』を意識するとシンプルに理解しやすくなります。

 
これからは構文をみたら、

「なんでこんな意味になるんどろう?」

「補う感覚が隠れていないかな?」

と考える癖を付けてみると、きっと色々な気づきがあるかと思います!

ではでは、今日は以上です!

いつも最後まで読んでくれて、ありがとうございます!

P.S.『無料オンライン講座』を始めました!!(’16,8,30追記)

忙しいあなたでも大丈夫!
毎日たったの5分間、
読むだけで
ネイティブのような英語感覚が身に付く講座です!

ご参加はこちらから

 

 

この記事を読んでいる方は、以下の記事も読んでいます
モチベーションUPの起爆剤
なぜか学校では教えてくれない不定詞の秘密
英語を話す人が見ている世界
【知らないと損する!?】英語で一番大切な感覚とは
【注意】こういう板書をする先生に関係詞を習ったらヤバイ!?ネイティブが持つ関係詞の感覚

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 関係し
  2. 8635ec3a52a973fd386d51894647f4a1_m
  3. on
  4. images5PSBLUTY
  5. 0e7047c362702e505c925ffa74b6c0c4_s
  6. f9c9b185744c74a7b4aa8c6d00f03488_m
    • イーダム
    • 2014年 12月8日

    まるでパズル•記号•算数のようです。
    日本語を暗号化させるようなつもりがいいのかもしれませんね。

    • ピース
    • 2015年 6月25日

    たまたま見つけて、とてもはまりました。ネイティブの感覚を掴むと、英語つて本当に使うのが楽しいし、難しい構文を考えなくて済みますね。なんだか、霧が晴れたようで、他の記事も全部読ませていただきました。
    早速質問なのですが、
    watch と
    see の使い分けはどういう感覚なのでしょう?
     
    Let’s go to see a movie. とは聞きますが
    Let’s go to watch a movie. とは聞きません。

    留学経験のある娘に聞いたら 
    see はわざわざ見に行く
    watch はその場で見る
    という感じかな ということでした。
    もう少し詳しく教えていただけませんか?

    • ピースさん
      はじめまして。コメントありがとうございます。

      see,watchの違いですね。

      ついでにlookもまとめて説明しておきましょう。

      ボーっとしてても視界に入ってくる、自然に目に入ってくるのがsee
      それに対して、意識的に見ようと目を向けるのがlook
      動いているものをじっと見ているのがwatchです。

      なので
      watch TV(テレビを見る)などの時に
      watchが使われるのはOKかと思います。

      では、
      本題の「なぜ映画や演劇はwatchではなくseeが使われることが多いのか?」
      というと、

      それは見ている対象の広さに関係があります。

      部屋の中にあるTVって、
      どちらかというと、意識的にじっと見ようとしないと目に入ってきません。

      それに対して、
      映画や演劇って視界に入ってくる範囲が広いので、
      「意識的にじっと見る」というwatchの感覚よりも
      「ボーっとしてても視界に入ってくる、自然に目に入ってくる」seeの感覚の方がしっくりくるんです。

      なので映画や演劇はwatchではなくseeが使われることの方が多いんです。

      伝わりましたでしょうか?

    • ほうたろう
    • 2015年 9月26日

    たまたま記事を拝見しました。
    上手に日本語訳ができるようになるような従来の参考書ではなく、この手のネイティブ感覚を体系的に(網羅的に)解説してくれているおすすめの参考書はありますか。
    あればぜひ教えてください。

      • 匿名
      • 2016年 2月23日

      「頑張らない英文法」(西澤ロイ:あさ出版)などよいのではないでしょうか。

    • mari
    • 2016年 10月9日

    私は社会人で、今、英語を学び直しています。

    何冊か本を購入しましたが、

    TZ先生の記事が一番頭に入ってきます!

    有難うございます!!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

無料オンライン講座始めました!!

今なら無料で受講できます!!


1日たった5分間!
集中して読むだけで、

30日後に、
ネイティブの英語感覚が身に付きます

ご参加は こちら から

管理人:TZ(てぃじー)

プロフィール
職業:英語講師
・性別:男
・好きなもの:F1, 音楽
まずはこちらを読んでみて下さい TZ(てぃじー)物語