ネイティブはどうやって関係詞の省略を見抜いているのか!?

この記事は3分で読めます

前回の『関係詞』の話をした後にですね、

ある受講生の方から
「ネイティブは、関係代名詞の省略を
どのように見抜いているのでしょうか?」

というご質問を頂いたので、
今日はこれにお答えしたいと思います。

確かに僕自身も学生の時、
同じような疑問を感じていました。

 

こんな学校の先生いませんでしたか?

先生:「はい、実は、ここには関係詞が省略されています。
       なので、主語はここまででーす。」

とか言う先生。

 

僕は
「いやいや、その関係詞の省略の
   見抜き方を教えてくれよ!」

っていつも思っていました。
残念ながら、僕が教わった先生は誰もそれを教えてくれませんでした。

 

今日は、関係詞の省略の見抜き方をネイティブの感覚視点からお話します。

 

と言っても、めちゃくちゃ簡単です。

 

名詞、SV

この語順で言葉が並んだ時に、
ネイティブは、「あっ、省略したな」って無意識の内に感じています。

 

名詞の後にSV(主語、動詞)です。”

 

 

例えば、

This is the car he bought.
(これが彼が買った車だよ)

 

名詞、SVを見つけられましたか?

正解は、

the car(名詞)
he(S)
bought(V)
です。

なのでここに関係詞が省略されているんですね。

This is the car (WHICH) he bought.

 

ネイティブ達は、名詞SVの語順で無意識の内に省略だと感じていますが、
僕ら日本人は慣れるまでは
やっぱり名詞SVの形を意識しないといけません。

慣れると僕らも、ほぼ無意識に
省略だと感じられるようになります。

 

もう一文いきましょう!

見抜きながら意味を取って下さい!
The book you lend me yesterday was so interesting.

 

 

見抜けましたか?

 

 

答えは、
これです!

The book (WHICH) you lend…
The book(名詞)
you(S)
lend(V)

(訳)
本(昨日君が貸してくれた)、とてもおもしろかったよ。

 

なんか今日は少し文法的な話になってしまいましたが、

これ、英語を理解する上で非常に重要になってきます!
是非おさえておいて下さりね。

今日も最後までご覧下さり、ありがとうございました!

P.S.
前回の講座の後に頂いたコメントを
いくつかご紹介したいと思います。

——————————-ここから——————————————-
スゴい!
( )がわかりやす過ぎて思わず「オオッ」っと
叫んでしまいました。

昔から「英語を話す人は、こんな長い英文を行ったり来たりして読んでるのか。
短期記憶スゴいな。」
と思っていたのですが(始めの板書のやり方ですね)
この方法は目から鱗でした!

ありがとうございます!
——————————-ここままで——————————————-

おっしゃるように、
『補う』という感覚を持たずに
和訳しようとすると

まさに文を行ったり来たりして
読まなければいけなくなるので、

お気づき頂けてよかったです!

その他にも

『思わず笑ってしまいましたが、すごくわかりやすかったです。
 関係代名詞でもうつまずくことはなさそうです。』

『素晴らしい説明だと感じました。
 中学時代にこういう説明で英語を学べればよかったのになぁ・・・』

などなど嬉しいコメントも頂いております。

コメント下さった方、ありがとうございます。

このようなフィードバックを頂くことが、
次の講座を作る活力になります。

ありがとうございます。

ではまた!

 

P.S.もっと多くの人に暗記ではない、本物の英語を知って欲しい…」
そんな思いで
『ネイティブの感覚を身に付ける』
全30日間の完全無料のオンラインコース始めました!!(2018年8月28日追記)

「ネイティブ感覚を徹底的に高めたい!」

「英語を英語のままで理解したい!」
「英語を感覚的に使いこなしたい!」
「”ネイティブの感覚”という全く新しい視点から英語を学んでみたい!」

そんな方に、もってこいの無料オンライン講座です!

1日たった5分間、
好きな時間に読むだけで、
30日後には、ネイティブのような英語感覚が身に付きます。

ご登録された日から、
毎日コンテンツを配信していきます!

有難いことに、
2018年8月28日現在で、3113名の方にご参加いただき、
大変盛り上がっています
!!

完全無料で受講頂けます。

少しでも興味のある方は、是非お気軽にご参加ください!

ご参加はこちらから
いつでも簡単に配信停止(退会)できます。

 

この記事を読んでいる方は、以下の記事も読んでいます
なぜか学校では教えてくれない不定詞の秘密
【構文は暗記しちゃダメ!?】ネイティブ流、新しい構文の考え方
前置詞の感覚をさらに深くマスターする
もう迷わない!!  toとfor 究極の使い分け感覚
onを『~の上に』と習った悲劇のストーリー

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

    • 天然4姉妹
    • 2015年 2月23日

    すごくわかりやすくてとっても面白いです!
    英語は得意な方なんですが久しぶりにこんなに英語が面白いと感じました!!!
    こんな教え方で習った子は必ず英語が得意になると思います。
    これからの記事も楽しみにしています。

    • ぐっちー
    • 2016年 2月12日

    こんにちわ♪
    英語を始めたばかりなので助かります。
    ありがとうございます。

    コメントをもらえるとよろこびます。(*≧∀≦*)
    とあったのでコメントしました。
    『あなたに喜んでもらいたくて』
    とか英語で言えるようになりたいです。

    解らないところもありましたが文章が楽しいので苦にならないですね。(^-^)
    何度も読み返して理解を深めたいと思います。
    これからも参考にさせてくださいね。

    • ぴー
    • 2017年 1月7日

    はじめまして
    英語アレルギーでしたが、去年 初めて一人海外旅行をしてとても楽しかったので、どうしても英語を話したくなり、勉強を始めました。いろいろ検索した中で、1番わかりやすく楽しい内容です!ありがとうございます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

無料オンライン講座始めました!!

本気でネイティブの感覚を身に付けたい方へ!!

今なら無料でオンライン講座を 受講できます!


1日たった5分間!
集中して読むだけで、

約30日後に、
ネイティブの英語感覚が身に付きます

詳細は こちら から

管理人:TZ(てぃじー)

プロフィール
職業:英語講師
・性別:男
・好きなもの:F1, 音楽
まずはこちらを読んでみて下さい TZ(てぃじー)物語