【注意】こういう板書をする先生に関係詞を習ったらヤバイ!?ネイティブが持つ関係詞の感覚

この記事は2分で読めます

関係し

こーゆう、板書をする英語の先生いませんでした?

whichとかwhoとか
俗に言う関係詞という所の説明をする時です。

 関係し

たぶん先生は、日本語訳は< >が先にくるので

”<NYに住んでいる>友達”

と分かりやすく説明しようと思って
矢印を←って書いたんだと思います。

けれどね、これをしちゃうと
読み返さないと意味が取れません。

英語は左から右に読む言語ですよね?

僕も英語が苦手だった頃は、
頭の中で和訳する癖がついていたので
英文をよく読み返していました。

けれど英語そのままの語順で
なるべく読み返し無しで理解することを意識し始めてから
英語力が格段にUPしました。


英語上達の秘訣は、

ネイティブと同じような感覚で
英語を英語のままで理解することです。


和訳をする癖がついているとすぐに限界がきます。

リーディングならまだいいですが、
リスニングやスピーキングは無理があります。

音声は絶対に戻れませんから。

読むのは得意だけど
聴くのと話すのは苦手だという人が日本人に多いのは
日本の英語教育が和訳中心のせいだからだと僕は考えています。

 

では、どうすれば英語の語順で関係詞を理解出来るのか?

まず、これ読めますよね?

男性(20代、会社員)
女性(主婦、東京都)

新聞や雑誌でよく目にします。

 

()に手前の名詞の詳細情報が書いてあるんですよね?

実は英語の関係詞は、
この日本語の( )と非常によく似た感覚です。

下の文で
「友達(ニューヨーク在中)」
って形が見えませんか?

I have a friend who lives in NY.
 私にはNYに住んでいる友達がいる

見えましたか?

ここですよ!
a friend (who lives in NY)
友達    (NYに在中)

んで、関係詞と呼ばれるwhoは、

「今から直前の名詞の詳細を説明しますよ!」

っていう合図です。

これがネイティブが感じている関係詞の感覚です。

この感覚が掴めれば
ちゃんと英語の語順で読み返さずに理解出来ます。

これが出来るようになると、
英文を読むスピードがぐんと上がるのはもちろん、
自分が話す時も上手く関係詞が使えるようになりますよ!

何か名詞を言った後に、
「あっ、詳細情報を追加しよう」って感覚でwho〜って言えばオッケーですから。

慣れたら凄く便利に感じられると思います。

最後までご覧下さり、ありがとうございました!
コメントもらえれば嬉しいです。

P.S.『無料オンライン講座』を始めました!!(’16,8,30追記)

登録したその日から、
約30日間に渡り、毎日コンテンツを配信していきます!

ご参加はこちらから

ご登録頂いたメールアドレス宛てに講座を配信していきます。

yahoo!メールや、gmailなど、フリーメールをお使いの場合は
迷惑メールフォルダに入らないよう、
最初のうちに設定等をお願い致します。

 

この記事を読んでいる方は、以下の記事も読んでいます 
英語がペラペラになるめに重要なマインドセット
ネイティブはどうやって関係詞の省略を見抜いているのか!?
なぜか学校では教えてくれない不定詞の秘密
【構文は暗記しちゃダメ!?】ネイティブ流、新しい構文の考え方
前置詞の感覚をさらに深くマスターする

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. uyti
  2. 0e7047c362702e505c925ffa74b6c0c4_s
  3. on
  4. imagesMEOQ56XK
  5. PAK85_lalamushimegane20140321500
    • 英語勉強中
    • 2015年 6月25日

    まさに知りたい感覚でした

    ()に例える説明はすばらしいです
    ありがとうございました。

  1. 思わず膝を叩きました。
    とてもしっくりくる説明をありがとうございます!!

    • 受験生
    • 2015年 11月15日

    本当に分かりやすい解説で気づいたら
    全て読んじゃっていました。(笑)

    受験前にこのサイトを見つけることができて
    本当に良かったです!

    ぜひこれからも投稿お願いします!

    • なゆ
    • 2015年 11月15日

    おーなるほど~(*≧∇≦)

    • 高校生
    • 2015年 11月22日

    とても理解しやすい説明でした。

    • 英語嫌いだったけど
    • 2016年 5月8日

    スゴい!
    ( )がわかりやす過ぎて思わず「オオッ」っと
    叫んでしまいました。

    昔から「英語を話す人は、こんな長い英文を行ったり来たりして読んでるのか。短期記憶スゴいな。」
    と思っていたのですが(始めの板書のやり方ですね)
    この方法は目から鱗でした!

    ありがとうございます!

    • みっくー
    • 2016年 6月1日

    はじめまして。
    分かりやすくて一気に全記事読みました。

    Who Which Thatの使い分けについての記事を載せていただきたいです。
    Thatは何にでも使えると習ったのですが、本当ですか?
    ぜひ、教えていただきたいです。

    • みっくーさん、はじめまして!

      >Thatは何にでも使えると習ったのですが、本当ですか?

      いいえ!関係代名詞thatは、whoseの代わりには使えません!
      それ以外の、who,whom,whichは代わりにthatに出来ますよ!

      使い分けは、それほど難しくないので、
      ググってみるなり、お持ちの参考書等で確認してみてください。

    • 匿名
    • 2016年 6月5日

    素晴らしい説明だと感じました。
    中学時代にこういう説明で英語を学べればよかったのになぁ・・・

    • kazuki
    • 2016年 6月10日

    思わず笑ってしまいましたが、すごくわかりやすかったです。
    関係代名詞でもうつまずくことはなさそうです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

無料オンライン講座始めました!!

今なら無料で受講できます!!


1日たった5分間!
集中して読むだけで、

30日後に、
ネイティブの英語感覚が身に付きます

ご参加は こちら から

管理人:TZ(てぃじー)

プロフィール
職業:英語講師
・性別:男
・好きなもの:F1, 音楽
まずはこちらを読んでみて下さい TZ(てぃじー)物語