音から覚えれる語源【pos偏】

この記事は3分で読めます

9565b2ce452266de889c579548421cda_s

pos には「置く」という意味があります!

これも前に話したの dr と同様に音から出来ている語源です。

dr はヅルヅル(duruduru)引きずる摩擦抵抗の単語が多かったですよね?

 drag 引っ張る、
 draft  牽引する(野球の「ドラフト」)
 drawer 引き出し
 draw 描く
 等々

また、その摩擦抵抗のある液体のドロドロ(dorodoro)というイメージから
液体系の単語も多かったですよね?
drink 飲む
drown 溺れる
drip, drop 滴る
drain 排水する

などなど
詳しくは前回の記事を見て下さいね!

今回のposも「置く」も音から出来ています。

何か、物を置くときって擬音語で何て言いますか?

「ポンpon」と置くっていいますよね?

 

擬音語(オノマトペ)というのは、
実は、日本語を超越して他の言語でもよく共通点が見られたりします。

「置く」という動作を音で表すとき、
日本人以外の人も、何となく「po」の音で表したくなる傾向があります。

なので、今回の pos は「ポスッと置く」と覚えてもらえたらと思います!
(なんかダジャレみたいだけど真剣に話しています笑)

pos が付く単語を見ていきましょう!
・post ポスト
  郵便ポストやサッカーのゴールポストポストなど、
 「決まった位置に置かれているのもの」をpostといいます。

・position 位置、地位
 フォワードやディフェンダー、
 または社長、部長など
 「人が置かれる位置」のことです。

・pose ポーズ
 「はい、ポーズ!」と写真をと撮る時って、
 撮りやすいように「置かれた状態」になりますよね?
 それが、「pose ポーズ」です。
 
・poster ポスター
 これは、壁に貼られた(置かれた)もの
 という解釈でOKかと思います。

さて、
ではここから、少し難しめの単語も見ていきましょう!

・oppose 反対側の
 opには「反対の」という意味があります。
 なので、op(反対に)pos(置く)ので、
 「oppose 反対側の」です。

・deposit 預金する
 deには「離れた」という意味があります。
 空港でdeparture「出発」って見たことありませんか?

 なので、de(離れた)安全な場所にお金を pos(置く)ので、
 「deposit 預金する」です。
 
・impose 課す
 日常生活の im(中)に
 税金などが、pos(置かれる)ので、
 「impose 課す」という意味になります。
  
  imの意味は、前置詞と同じく「中」です。
 (次のスペルが p なので、n ⇒ m になりました)
 
・expose さらす、露出する
 exは「外」でしたよね?(参考:記憶力が大幅にUPする単語記憶方法【ex偏】
 なので、ex(外に)pos(置く)ので、
 「expose さらす、露出する」という意味になります。

・dispose 処分する
 disも前にやりましたね!(参考:記憶力が大幅にUPする単語記憶方法【dis偏】)
 「マイナス、否定」の意味が dis でした。

 なので、disposeで pos(置か)dis(ない(否定))
 そこから「dispose 処分する」です!
 

・postpone 延期する
 postには「後」という意味があります。
 後任者のことを「ポスト誰々」とか言いますよね?
 (なぜpostで「後」になるのか、ちょっとこれは
 語源の歴史とかの話になるので、そう思ってもらえればと思います。。)

 ということで、post(後に)pon(置く)ので、
 「postpone 延期する」です。 
 ( pos → ponになっています )

・component 構成要素
  comは「共に」という意味があります。
 (例:company 「共にパンを食べる間柄 → 仲間 → 会社」) 
 なので、com「共に」pon「置かれているもの」なので、
 「component 構成要素」です。
 ( これもpos → ponになっています )
  
・possitive 積極的な, 前向きな
 「しっかりと置かれている」というのが、
 実は、この単語の本来の意味です。
 そこから「積極的な, 前向きな」という意味で使われるようになりました!

後、もう2ついきましょう!

 proとpurには「前」という意味があります。
 そこから、
 アイデアなどををpro(前もって)pos(置く)から、
・propose 提案する 
 という動詞の単語だったり、
 
 pur(前に)pos(置かれたもの)で
・purpose 目的

 という名詞の単語があります!

ではでは、
いかがだったでしょうか?

こんな風に考えると、単語も覚えやすいですし、
始めて見る単語でも、意味をなんとなく推測できたりしますよ!

例えば、英検の語彙問題で(あれ難しいですよねw)
知らない単語が出てきても、
この方法でスペルから意味を推測することで
かなりの確率で正解にたどり着けたりすることが出来ます!
(僕は昔、準一級を受けたとき、半分以上知らない単語が出てきましたが、
この方法で8割くらい正解して合格しちゃいました)

 

なので、是非この考え方をマスターしてもらえたらと思います!

ちなみに、この話をすると、よく質問されるのですが、
possible は、残念ながらposse「〜できる」という違う語源です(^^;

ではでは!

 

この記事を読んでいる方は、以下の記事も読んでいます
【dr】は擬音語。その意外な意味とは
モチベーションUPの起爆剤
記憶力が大幅にUPする単語記憶方法【dis偏】
記憶力が大幅にUPする単語記憶方法【sub偏】
記憶力が大幅にUPする単語記憶方法【ex偏】
日本語から覚えられる英単語まとめ【中級~上級編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 7aabfb7d9e7e3ee262675918ad417dc7
  2. ex
  3. uyti
  4. 20170430022434
  5. on
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

無料オンライン講座始めました!!

本気でネイティブの感覚を身に着けたい方へ!!

今なら無料でオンライン講座を 受講できます!


1日たった5分間!
集中して読むだけで、

30日後に、
ネイティブの英語感覚が身に付きます

ご参加は こちら から

管理人:TZ(てぃじー)

プロフィール
職業:英語講師
・性別:男
・好きなもの:F1, 音楽
まずはこちらを読んでみて下さい TZ(てぃじー)物語