数える名詞と数えない名詞を一瞬で見分ける方法

この記事は4分で読めます

PAK85_lalamushimegane20140321500

数えられる名詞(可算名詞)だからaがつくとか

数えられない名詞(不可算名詞)だからaをつけない

という英語のルールがを聞いたことがあるかと思います。

 

実は、これ

日本人にとってはとても難しい概念です。

日本語にはない考え方だからです。

 

この概念、

 
一言で説明すると

『”数”で考えるか、”量”で考えるか』

という英語独自の考え方です。

 

ちなみに
日本語は基本的にどんな物でも”数”で考えます。

水(water)でも”~杯”などを使って
1杯、2杯、3杯・・・と数えますし、

他にも
”~個、~台、~人、~枚、~匹など”をつけて

日本語は何でも数えます。

 
一方、
英語には、これらの”~個、~台~匹など”にあたる言葉はありません。

そこで英語独自の
『”数”で考える or ”量”で考える』という
日本語には無い考え方が存在します。

 

なんだか難しそうに感じるかもしれませんが、
基本的な考えさえ分かれば、簡単です。

詳しく見ていきましょう。

 

■ ”数”で考える=数えられる名詞(可算名詞)

dog(犬), boy(少年), teacher(先生),
book(本), car(車), camera(カメラ) など

 
日本語でも、これらが複数ある場合は
いち、にい、さん、と数で考えて数えますよね?

それは英語でも同じです。

これが数えられる名詞(可算名詞)です。

 

さて、本題はここからです。

日本語にはない、
数えられない名詞(不可算名詞)についてお話します。

 

■ ”量”で考える=数えられない名詞(不可算名詞)

water(水), rice(米), information(情報),
work(仕事), snow(雪),bread(パン), furniture(家具) など

一方、
数えられない名詞(不可算名詞)とは
いち、にい、さん、と数で考えないで”量”で考えるもののことです。

 
例えば、
「お米(rice)を10000粒食べたよ。」
なんて言いませんよね。

「お米をお茶碗一杯分食べた」
というように

”お茶碗一杯分”という”量”でriceは考えます。

 
これが数えられない名詞(不可算名詞)の基本的な考え方です。

 

しかし、これだけでは
work(仕事)、information(情報)、bread(パン)などの単語が
なぜ数えない名詞(不加算名詞)になるのか
イマイチはっきりと分からないかと思います。

 
日本語では
「仕事(work)を2つ掛け持ちしている」

「パン(bread)を2つ食べた」

って普通に数えますもんね。

 

もう少し詳しくこの
”量”で考える、数えない名詞について見ていきましょう。

 

以下の①、②のどちらかに当てはまる場合は、
数えない名詞(不加算名詞)です。

 

■①具体的に決まった形をイメージできないものは、数えない名詞(不加算名詞)

work(仕事)、information(情報)、advice(助言)、news(知らせ)、damage(損害)
って具体的に決まった形をイメージすることってできますか?

出来ませんよね?

 
そのようなものは英語では
”量”で考える、数えない名詞(不加算名詞)になります。

 
一方、car(車)やbook(本)などはどうでしょうか?

こちらはどのような形かを具体的にイメージすることが出来ます。

なのでこれらは、数える名詞(加算名詞)です。

 

furniture(家具)はどうでしょうか?

家具には机や棚やソファーなど色々なものがあります。

1つの決まった形を具体的にイメージすることは出来ません。

なのでfurniture(家具)は、数えない名詞(不加算名詞)です。

 

 

bread(パン)はどうでしょうか?
これに関しては少し判断に迷うかもしれません。

そこでもう1つ見分けるポイントをお教えします。

 

■②切っても大丈夫なものは、数えない名詞(不加算名詞)

bread(パン)は切ってもパンですよね?

ところが、car(車)やbook(本)などはどうでしょうか?

切ってしまったらもう使い物になりませんよね?

paper(紙)、sugar(砂糖)、cheese(チーズ)、wood(木材)などは
切ってもOKなので数えない名詞(不加算名詞)です。

このように切っても大丈夫なものは、数えない名詞(不加算名詞)。
そうでないものは、数える名詞(加算名詞)です。

 

 

まとめ
数える名詞(加算名詞)、数えない名詞(不加算名詞)の基本的な考え方は、
『”数”で考えるか、”量”で考えるか』

日本語は基本的に何でも数えるので、
英語でどのようなものが数えない名詞(不加算名詞)かを知る。

以下の2つの内、どちらかに当てはまる場合は数えない名詞(不加算名詞)
①具体的に決まった形をイメージできないものは、数えない名詞(不加算名詞)
 例:work(仕事)、information(情報)などは形をイメージできないので数えない名詞(不加算名詞)

②切っても大丈夫なものは、数えない名詞(不加算名詞)
例:bread(パン)は切ってもOKなので数えない名詞(不加算名詞)

 

いかがだったでしょうか?

このように考えれば、
いちいち「この単語は数える、これは数えない」
といった丸暗記は無くなると思います。

 また、初めて見た単語でも自分でどちらか判断が出来るようになります。

 数えるか、数えないかで迷った時は、
是非このルールを思い出してもらえたらと思います。

 

最後までご覧下さり、ありがとうございました。

 

コメント貰えると喜びます。

P.S.
ちなみにスイカ ( watermelon ) は
数える名詞か、
数えない名詞かどちらでしょうか?

正解は、、
実は、これ、

どちらにでもなるんです!

例えば
「買い物でスイカを2つ買った」
という場合は
I bought two watermelons.

と数える名詞としてスイカ(watermelon)を考えます。

「2個買った」って数えているので。

それに対して、
I had a lot of watermelon this morning.
「今朝、スイカを沢山食べた」

この場合は数えない名詞としてスイカ(watermelon)を考えます。

普通、スイカって何玉も食べないですよね?

1玉も食べたらお腹ピーピーになっちゃいます。

なので食べるために切り分けた瞬間から
スイカを量で考えます。

ようは、
これは加算、
あれは不加算と決まっているのではなく、

話し手が数で考えるか、量で考えているかで決まるんです。

例えば
レストランとかだと普通に
Two waters, please.(お冷2つ、お願いします)
って話し言葉では言ったりします。

なので、そんなに難しく考えずに
「数えているな」と思うときは加算で、
「量だな」と感じるときは不加算で
くらいのつもりで気軽に自由に使ってみて欲しいと思います。

ではでは!

 

 

P.S.『無料オンライン講座』を始めました!!(’16,8,30追記)

忙しいあなたでも大丈夫!
毎日たったの5分間、
読むだけで
ネイティブのような英語感覚が身に付く講座です!

ご参加はこちらから

 

この記事を読んでいる方は、以下の記事も読んでいます
Skypeスカイプ英会話がいかに凄いか
【構文は暗記しちゃダメ!?】ネイティブ流、新しい構文の考え方
知らないと損する!?】英語で一番大切な感覚とは
5文型が分からないのは当たり前
空気を読む日本語と空気を読めない英語

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. tdrhtfypng
  2. images
  3. uyti
  4. images5PSBLUTY
  5. on
  6. MAX86_yubiwosasu20140531500
  1. 前置詞三年、冠詞10年、
    それ以上かかっています。
    切れる単語はuncountableというご説明に
    雲が晴れたおもいです。
    ありがとうございます。

    今はwillとbe going toの使い分けに苦戦しています。近未来でも、formalでin detailの場合はwill
    を使うとか、if節を使う場合、willとbe going to
    では違いが出る場合とかです。

    • かご
    • 2015年 4月15日

    中学の時、お金が数えられない名詞になるのが、どうしても理解できませんでした。
    1枚、2枚ってかぞえられるやん!って。
    今までもそうでした。

    お金もいろんなイメージが出来てしまうので、量で考えるのですね。

    • ほがらか
    • 2015年 5月14日

    ほんとに分かりやすかったです!
    完璧に理解しました!

    • りんご
    • 2015年 7月30日

    本当によくわかりました。
    全くわからなかったのに、これを読んだだけで完璧にわかりました!
    助かりました!受験勉強に役立ちました!
    ありがとうございました!

  2. とても分かりやすい説明だと思いました。

    私のブログ記事でリンクさせていただきました。

    • yuki
    • 2015年 9月27日

    初めてのコメント失礼いたします。
    とても分かりやすい説明で、
    今までちんぷんかんぷんだった数えられる名詞・数えられない名詞が
    理解することが出来ました。ありがとうございます。

    • 通りすがり
    • 2016年 1月20日

    言語の理(ことわり)を見抜く力、本質を捉える力、おみそれいたしました。

    • miwa
    • 2016年 2月7日

    数えられる名詞と数えられない名詞を、切れるか切れないかで決めるのはわかりやすかったです。
    これからも、いろいろ教えてください。

    • Mitsu
    • 2016年 2月9日

    お金やパンがどうして数えられないのか理解できませんでした。今日やっと理解できてすっきりしました。なるほど、なるほど、助かりました。ありがとうございます。

    • cyacya
    • 2016年 6月25日

    とてもわかり易かたです。
    ありがとうございました。

    • Hiropsycho_pro_725@yahoo.co.jp
    • 2016年 7月13日

    お見事です、こんなにわかりやすい説明は
    ありませんでした。
    こういう説明ができる方は英語にかぎらず、
    伝え方がお上手なんだと思いました。
    いや、ほんとにお見事です。

    • Hiro
    • 2016年 8月13日

    飴は可算/不加算両方いけそうだけど金太郎飴󠄀は不可算名詞という理解で良いのでしょうか?

    • 匿名
    • 2016年 10月9日

    Two waters, please. で、いいんですね!
    たしかに、日本語でも、水をコップに2杯ください、なんて言わずに、水を2つお願いします、って言いますもんね!
    ありがとうございます!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

無料オンライン講座始めました!!

今なら無料で受講できます!!


1日たった5分間!
集中して読むだけで、

30日後に、
ネイティブの英語感覚が身に付きます

ご参加は こちら から

管理人:TZ(てぃじー)

プロフィール
職業:英語講師
・性別:男
・好きなもの:F1, 音楽
まずはこちらを読んでみて下さい TZ(てぃじー)物語